<   2008年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2008年 01月 27日

我家の春一番は蜜の香り

この三日間、氷点下13℃以下の朝が続いています。

昨年の11月、「咲くか分からないけれど、試してみる」と言って、女房がサンシュの枝を幾つか花瓶にいれ部屋の窓際の隅に置いておきましたが、
今朝、嬉しいことに花を開き始めたのに気付きました。
梅は毎年剪定時に確保して花を咲かせるのですが、サンシュも出来るんですね。
これで来年の我家の春は梅の花より早く来ます。

ついでに驚いたことを一つ・・・・、なんと、花瓶の中の水はガチガチに凍っていました。

早速カメラを持ち出し、自然のものではないけれど一応我家の春一番を撮りました。
そこでファインダーを覗きながらもう一つ気付いたことがあります。
辺りに漂う甘い香り、そう、サンシュの花って蜂蜜の様な甘くて濃厚な香りがするんですね。
恥ずかしながら、この歳になって初めて知りました。
c0158511_18115378.jpg

上はトリミングに依る拡大写真です。



c0158511_18124133.jpg


by paph1206 | 2008-01-27 18:24 | | Trackback | Comments(0)
2008年 01月 25日

パフィオはいかが (Ⅱ)

Paph.(Lime Dawn x Win Yamamoto) ’Yoshi’ SM/JGP
c0158511_19484373.jpg

古い話で恐縮ですが、3年前に世界らん展でSMを受賞したパフィオです。
そのときは2輪で、花も丸く大きく見ごたえがありましたが、昨年は写真のように7輪も咲き、
そのせいで?花は小振りです。この交配は整形花タイプには珍しく大株になる性質があるようで、このことの方が私には嬉しいですね。
母親の名を初めて固体名にしました。



交配親として有名な花です。
Paph.Winstone Churchill
c0158511_20155017.jpg


by paph1206 | 2008-01-25 20:59 | 洋蘭 | Trackback | Comments(0)
2008年 01月 19日

再び ヤドリギ

ヤドリギ(2008.1.19 茅野市 諏訪中央病院)
中央部分の拡大です。ブドウみたいですね。
c0158511_22172126.jpg



背景の格子模様は、鎌田實先生の”がんばらない”で知られている 諏訪中央病院の外壁。
ヤドリギは駐車場の脇の白樺に寄生しています、目の高さで見れますので、観察にも撮影にも手ごろです。
こうして近くで見ると、逆光で光り輝くその姿は、とてもヤドリギとは思えないほどの美しさです。
c0158511_22233252.jpg


by paph1206 | 2008-01-19 22:31 | Trackback | Comments(0)
2008年 01月 18日

パフィオはいかが (Ⅰ)

Paph. Maisic Gay ”spring haze” SBM/JOGA
c0158511_1820262.jpg



Paph.Silvara x Valerie Tonkin
c0158511_18413124.jpg


女性には好まれない花ですが、私の好きな洋蘭のパフィオペジュラムの幾つかを、敢えて紹介します。しばらくご辛抱下さい。

by paph1206 | 2008-01-18 18:48 | 洋蘭 | Trackback | Comments(0)
2008年 01月 15日

神は一人だけに福を与えず

訳あって、諏訪大社 上社本宮の「新年祈請祭」に参加しました。
「田遊神事(たあそびのしんじ)」は、神職がくわ等で田を耕し、種籾を四方に蒔いたりした後、2人の巫女が神職が歌う田植え歌に合わせ「田舞」を舞います。
最後に魔よけの矢を放ち、悪霊を追い払う「蟇目鳴弦(ひきめめいげん)」の儀式が行われ、氏子などの無病息災や五穀豊穣を祈願しました。

放たれた鏑矢(かぶらや)を拾うと幸運が授かるということで、300人程の氏子全員てぐすね引いて待ち構えていたのですが、なんと皆の頭上を遥かに越え、お守りや御神籤等を売っている社務所の大屋根の上に飛んで行ってしまいました。
結局誰の手にも渡らず、神様は全員に幸運を与えたもうたのです。

あいにくカメラを持っていなかったので、携帯で撮りました。

「蟇目鳴弦」の儀(2008.1.15 諏訪大社上社本宮)
c0158511_2302796.jpg



巫女による「田舞」
c0158511_17472488.jpg


by paph1206 | 2008-01-15 17:58 | 祭り・行事 | Trackback | Comments(0)
2008年 01月 13日

S-Planar 60㎜ f2.8

S-Planar 60㎜ f2.8、ドイツ製。いわゆるMakro-Planarです。
これを2年ほど前にヤフオクで売ってしまったのです。
後悔先に立たず、今頃になって、デジタルで撮っても、その「空気まで写すプラナー」の透明感に気がつきました。その上、解像度のなんと素晴らしかったことよ。トホホです。
買い戻そうかとヤフオクを覗いたら、売った当時に比べてその値の高いことにびっくり。
またもやトホホです。

3枚の写真は何れもS-Planarで撮ったものです。
2枚目のデンドロの写真、ピンは中央の花の縁にだけに行っています(実は失敗)。
ビクトリアレギネ以外は正確な種名を失念しましたので紹介していません。あしからず。

Den. victoria-reginae
c0158511_22484949.jpg



c0158511_2249438.jpg

c0158511_22502897.jpg


by paph1206 | 2008-01-13 22:54 | 洋蘭 | Trackback | Comments(0)
2008年 01月 11日

宿り木

アカミヤドリギ(2008.01.06 長野県原村八ヶ岳農場)
c0158511_1735433.jpg

正直言って、”山野草”と呼ばれる植物については興味もあるし、知識もいくらかは持ち合わせているつもりですが、”木本”という範疇はからっきし駄目です。
で、ヤドリギも一応”木”ですから、というよりも樹木の一部みたいなものだから、殊更調べてみようなんて気持ちは全く持ち合わせていませんでした。ヤドリギは私にとって蚊帳の外でした。

そんな訳で、カメラのモニターに写しだされた赤い実のヤドリギを見た時にはびっくり仰天しましたよ、本当に。
なにせヤドリギの実は黄緑一色とこの何十年疑いもしなかったからです。
いや、お恥ずかしいことです。
でもあまり普通にはないですよね?



白樺に寄生したヤドリギ
c0158511_17205541.jpg

夏ならばそれは美しい白樺林。
冬の姿がこんなだとは、とても信じられません。
写真はごく一部しか写っていませんので判らないと思いますが、
想像してください、周りの林の木々全てがこんなです。
この先どうなるんでしょうかね。心配ですね。

by paph1206 | 2008-01-11 17:40 | Trackback | Comments(0)
2008年 01月 09日

ミツマタ

ミツマタ(4月9日 我家の庭で)
c0158511_2051124.jpg

おそらくですが、
この町のミツマタは、かなりの割合で我家の子孫だと思っています。
なぜなら、我家にミツマタが植えられ、その根元から生える子芽を近隣に分けてあげるまで、
他の家の庭先に、と言うより、この地方にミツマタを見たことがなかったからです。
自慢じゃないけれど(本心は自慢にしたい!)これを売った地元の植木屋も、
私がミツマタを知っていた事に驚いていたくらい、当時この地方では珍しい木でしたから。
20年も経って、今では結構あちこちで見ることができますが、
それでも欲しがる人が後をたちません。

それほど目立つ派手さは無いものの、前年の秋から始まる蜂の巣のような形のつぼみと
花の姿に珍しさを感じるんでしょうね。

今我家にあるのは2代目です。理由は解りませんが、1代目は突然枯れてしまいました。
案外弱い性質なのかもしれません。

by paph1206 | 2008-01-09 21:52 | | Trackback | Comments(0)
2008年 01月 05日

年賀状には”森の妖精”を飾りました

ホテイラン(6月4日 八ヶ岳)
c0158511_18183585.jpg

樅の大木が生い茂る森のふかふかとした厚い苔の上で
ひっそりと花開く森の妖精です。

運良く、幾重にも重なった枝を通り抜けた一筋の光で、
もしこの花だけが浮かび上がれば、
それはもう”森の妖精”という形容詞以外思い浮かばないほどの美しさ、
と想いつつ幾年月。



c0158511_1812509.jpg

この日は八ヶ岳の開山祭。
花守りのボランティアの方の許可を得て(登山道をちょっと外れたので)
一枚だけ撮らせていただきました。
なにしろ 3本立ちのホテイランには初めて出会ったものですからすっかり舞い上がって、
とにかく、とりあえずは写っていれば良いと・・・。
ストロボがパカッと立ち上がって、エッと思った時はシャッターが落ちていました。

写真の出来はともかく、”なにしろ 3本立ち”ですから、年賀状に使いました。
”森の妖精”とは随分とイメージの違う”ほてい”様のご利益でしょうか、
年賀状だけお付き合いの旧友から、なんと30年ぶりの声の便りが届きました。
これは実に嬉しくて、またもや舞い上がってしまいました。

by paph1206 | 2008-01-05 18:25 | | Trackback | Comments(0)
2008年 01月 03日

PowerShot G9 初撮り

蒲公英(セイヨウタンポポ 2008.01.03 長野県 富士見町)
c0158511_1910535.jpg

箱根駅伝の母校の結果を見届けてから隣町の女房の実家に新年の挨拶です。

タンポポが石垣の隙間に咲いているのに気付きました。
ブログを始めた訳ではないのですが、正月にタンポポを撮ったのは初めてのことです。

そう云えば子供の頃は、毎年お正月に田んぼでスケートが出来たもの。
タンポポだって、かってはこんな時期に咲いてるはずがなく、
確実に冬が暖かくなっているのを実感します。

ところでこの2枚、PowerShot G9の初撮りです。
接写でのピントが格段に合わせ易くなりました。
この機能についてはG7からG9にモデルチェンジして正解です。



c0158511_19172549.jpg

庭から見た夕方近くの富士の姿です。
シルエットになっているのは山もみじ。
紅葉の時期には一眼で狙ってみたいものです。

帰省していた姪にこの画像を見せたところ、

「うわーきれい! 写真みたい!!」

by paph1206 | 2008-01-03 19:59 | | Trackback | Comments(0)