<   2008年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2008年 09月 30日

思い出づくり

何年か前に木曽路を訪れたときから、ず~と記憶の片隅に住みついていた”すし桶”。
ついに決心がついたらしい。「買おう!」

夕暮れ迫る帰路の途中、妻籠宿を訪ねました。
サワラ白木地のすし桶。なにも観光地で買わなくたって・・・・・
とお思いでしょうが、
やはりこれだって、二人で歩いた思い出アルバムの一コマになります。

咲き始めの宮城野萩 (2008.9.27 妻籠宿にて PowerShot G9)
c0158511_1945894.jpg



松代屋 (DATA 同上)
c0158511_19481462.jpg


尾張屋 (DATA 同上)
c0158511_19491630.jpg

(ちなみに 全部手持ち撮影です)

by paph1206 | 2008-09-30 20:11 | 風景 | Trackback | Comments(0)
2008年 09月 29日

思い出づくり

万が一なんて思いたくはないのですが、それでも否定しきれない漠然とした不安が頭をもたげます。
欲しかったもの、食べてみたい物、経験してみたい事、行ってみたい所、逢ってみたい人・・・・・、元気がある今の内にと、そんなものを訪ねての旅の始まりです。

初めての”名古屋コーチン”、やっぱり昼御飯では物足りなかった。ついでに料理の写真撮るのも忘れてしまった。残念無念、今度は夕方に来ようかね。

迷いに迷って行き着いた先が土岐市の美濃陶芸村。
閑静な林の中に10軒の窯元がありますが、実際には3~4軒だけが作陶しているとの事。

駐車場に咲いていたタマスダレ。魅力的な花だけど、寒い信州で育つかなー。
タマスダレ (2008.9.27 土岐市「美濃陶芸村」 PowerShot G9)
c0158511_20533519.jpg



秋の日の陶芸人 (DATA 同上)
c0158511_20552097.jpg


「子の日窯」入口 (DATA 同上)
c0158511_21101875.jpg


開けっぴろげた畳部屋の台上の作品。一寸文様に趣のある丸いお皿を購入しました。
作者は 大嶋久興(ヒサノブ)氏。私と同い年です。
c0158511_21154064.jpg


孫の顔が見たい (DATA 同上)
c0158511_21175622.jpg


by paph1206 | 2008-09-29 21:35 | | Trackback | Comments(0)
2008年 09月 24日

入笠山の秋 Ⅱ

入笠山周辺の秋の風景、と言っても季節とはまったく関係ない風景ではありますが、この時期だからこそ何か似合いそうな雰囲気。

八ヶ岳遠望 (2008.9.23 入笠山にて EOS20D EF70-200 F4 L IS)
c0158511_20581211.jpg



ドラマ 「青い鳥」の舞台 ”乙女が原”。
入笠牧場 (DATA 同上)
c0158511_2115180.jpg


入笠山に一番近い、廃村寸前の芝平(しびら)部落の一軒。
常時生活はしていないようですが、玄関先の草は刈り取られて手入れがされています。
壁の飾に家主さんの洒落た想いが偲ばれます。
洋風と言うか、日本的というか・・・、現代風というか、古風と言うか・・・ (DATA 同上)
c0158511_21113577.jpg

c0158511_21123832.jpg


猿の群れ
戸台上部 (DATA 同上)
c0158511_2129547.jpg


by paph1206 | 2008-09-24 21:34 | 風景 | Trackback | Comments(0)
2008年 09月 23日

入笠山の秋

入笠湿原にエゾリンドウを訪ねました。
時間をかけて、目を凝らして、絵になりそうな被写体を探しましたが、今年はどうやら空振り。
まあ、写真を撮るばかりが楽しみではないから・・・と、切り替えも大切。

エゾリンドウ (2008.9.23 入笠山 EOS20D EF70-200 F4 L IS)
c0158511_21505314.jpg



c0158511_21514893.jpg

c0158511_21521845.jpg


マムシグサの仲間 (DATA 同上)
c0158511_21571726.jpg


ナナカマド (DATA 同上)
c0158511_21585073.jpg


by paph1206 | 2008-09-23 22:01 | | Trackback | Comments(0)
2008年 09月 21日

わたし、南国生まれなんですが

庭石の窪みにしっかりと居場所を確保して、
今年もまた秋の引き立て役を請け負っています。
雷鳴の轟きわたる夕暮れです。

キイノジョウロウホトトギス (2008.9.21 EOS20D EF70-200 F4 L IS)
c0158511_20192010.jpg


by paph1206 | 2008-09-21 21:09 | | Trackback | Comments(0)
2008年 09月 15日

深山は秋の終わり

八ヶ岳山麓の今日。

ツクバトリカブト (2008.9.15 EOS20D EF70-200 F4 L IS)
c0158511_21541559.jpg



c0158511_215526.jpg

c0158511_21553565.jpg


伶人草
レイジンソウ (DATA 同上)
c0158511_21565355.jpg

c0158511_21572282.jpg


ルイヨウボタン (DATA 同上)
c0158511_21581767.jpg


花は終わりですが子房が膨らんでいます。
トラキチラン (DATA 同上)
c0158511_220476.jpg


アキグミ (DATA 同上)
c0158511_2215390.jpg


by paph1206 | 2008-09-15 22:06 | | Trackback | Comments(0)
2008年 09月 14日

ささやかな通せんぼ

私を見ずしてここを通すわけにはいきませぬと・・・、ささやかな秋の花の主張です。

切り取られた情景が、茶席を飾る一輪挿しのような雰囲気を醸し出せたらと、いつも、いつも
渋い想いを心に秘めているのですが、いざ対峙すると茶の湯も写真も技術論が先に立ってしまうのです。

ツクバトリカブト? (2008.09.13 八ヶ岳山麓 EOS20D EF70-200 F4 L IS)
c0158511_21442779.jpg



ハンゴンソウ (DATA 同上)
c0158511_21455644.jpg

タムラソウ (DATA 同上)
c0158511_21464798.jpg

サワギキョウ (DATA 同上)
c0158511_21473184.jpg


そうそう、忘れてました。EF70-200を使用するときは、ほとんどの場合
エクステンダー X1.4Ⅱ を併用しています。隠していた訳ではないんですが、ごめんなさい。

by paph1206 | 2008-09-14 22:05 | | Trackback | Comments(0)
2008年 09月 13日

夏のフィナーレ・エンビセンノウ

幸いにも薬の副作用が緩やかで、気分が良いからちょっと買い物、との事。
で、私も久しぶりにエンビセンノウを訪ねてのミニ花旅。

今年は随分と豪勢な、ボリューム感のある佇まいです。
この花が咲くと、確かな秋の訪れ。高原の花の季節も残り僅かになりました。

エンビセンノウ (2008.9.13 八ヶ岳山麓にて EOS20D EF70-200 F4 L IS)
c0158511_22154683.jpg



c0158511_22174553.jpg

c0158511_22182592.jpg


by paph1206 | 2008-09-13 22:23 | | Trackback | Comments(0)