きまぐれ花旅

yatsugane.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2013年 09月 07日

オオビランジ

ナデシコ科のオオビランジです。
花の時期はドンピシャリだったのですが・・・。


2013.09.07 EOS 5DMkⅡ AMP120+NAM-1 EOS改 x1.4
c0158511_19421289.jpg


# by paph1206 | 2013-09-07 19:42 | | Trackback | Comments(0)
2013年 09月 01日

トラキチラン

八ヶ岳山麓に辛うじて生き存えている絶滅危惧種のトラキチランです。
それこそ会えただけでも「あったー」と叫び喜ぶ花なんですが、
"撮り花"の立場からただ一つだけ贅沢を言わせてもらえば、
いくら可愛く撮ってやっても、”名前が邪魔をする・・・”なんですよね。

2013.08.30 EOS 5DMkⅡ AMP120+NAM-1 EOS改 x1.4
c0158511_16224441.jpg



c0158511_1623247.jpg

c0158511_16235215.jpg


# by paph1206 | 2013-09-01 16:48 | | Trackback | Comments(0)
2013年 08月 30日

エゾノミソハギ

水辺に咲くエゾノミソハギです。
心寂しいときは、こんな風に写真を撮りたくなります。

2013.08.25 EOS 5DMkⅡ VAER70-180 x2.0
c0158511_18523224.jpg


# by paph1206 | 2013-08-30 19:02 | | Trackback | Comments(0)
2013年 08月 29日

クロイトトンボ?

クロイトトンボと思われます。
たまにはこんな生き物も撮ります。

2013.08.18 5DMkⅡ AMP120+NAM-1 EOS改
c0158511_194221.jpg


# by paph1206 | 2013-08-29 19:04 | 自然 | Trackback | Comments(0)
2013年 08月 25日

ミヤマウズラ

山梨県北杜市の別荘地に自生しているラン科のミヤマウズラです。
小雨に濡れた暗い林の中での撮影でした。
遠めには純白に見えて、それは美しく見えるのですが・・・・。

2013.08.25 EOS 5DMkⅡ VAER70-180 x2.0
c0158511_2125618.jpg



EOS5D MkⅡ AMP120+NAM-1 EOS改 x1.4
c0158511_21243396.jpg


# by paph1206 | 2013-08-25 21:38 | | Trackback | Comments(0)
2013年 08月 19日

マツムシソウ

それこそ熱中症覚悟で久しぶりに野に出てみました。
いつの間にやら秋の気配がそこここに・・・。

2013.08.18 5DMkⅡ AMP120+NAM-1 EOS改
c0158511_1948588.jpg


# by paph1206 | 2013-08-19 19:48 | | Trackback | Comments(0)
2013年 08月 07日

八ヶ岳自然文化園の草花

原村の八ヶ岳自然文化園の植物です。
ここには人造の池があり、その中には、”自然”とは言え、
植栽された植物も混じって咲いています。
そんなものも含めて3種ほど。

2013.08.03 5DMkⅡ AMP120+NAM-1 EOS改

コウホネ (偏向フィルターを持っていればと悔やまれます)
c0158511_18502716.jpg



ミクリ
c0158511_18521341.jpg

クサレダマ
c0158511_18524621.jpg


# by paph1206 | 2013-08-07 18:57 | | Trackback | Comments(0)
2013年 08月 05日

ハリブキ

霧が峰の暗い林内で見かけたハリブキの実です。
これを手折ろうとする方はまずいないでしょう。
歩道にはみ出ていても、多分その身は安泰です。

2013.07.28 5DMkⅡ AMP120+NAM-1 EOS改
c0158511_2071823.jpg


# by paph1206 | 2013-08-05 20:16 | | Trackback | Comments(0)
2013年 08月 03日

ハクサンフウロ

入笠山のハクサンフウロです。

2013.07.28 5DMkⅡ AMP120+NAM-1 EOS改
c0158511_9393827.jpg


# by paph1206 | 2013-08-03 09:39 | | Trackback | Comments(0)
2013年 07月 31日

入笠湿原の花

入笠湿原の花たちです

2013.07.27 5DMkⅡ AMP120+NAM-1 EOS改

チダケサシ
c0158511_195419.jpg



カラマツソウ
c0158511_19555613.jpg

サワギキョウ
c0158511_1957935.jpg

クガイソウ・カラマツソウ
c0158511_19574833.jpg


# by paph1206 | 2013-07-31 19:59 | | Trackback | Comments(0)
2013年 07月 27日

コオニユリ

入笠湿原のコオニユリ、丁度見頃でした。

2013.07.27 5DMkⅡAMP120+NAM-1 EOS改
c0158511_20174765.jpg



c0158511_20182921.jpg


# by paph1206 | 2013-07-27 20:19 | | Trackback | Comments(0)
2013年 07月 19日

シャジクソウ

マメ科のシャジクソウです。
美ヶ原に行けばかなりの個体数を観察できますが、ここ諏訪周辺では
霧ヶ峰から鉢伏山にかけて僅かに見られるだけの珍しい植物です。
全国的に見ても、美ヶ原・浅間山周辺と北海道だけに生育とのことですから、
意識的に訪ねることをしなければ、普通に見られる植物ではありません。
シロツメクサやアカツメクサの仲間ですから繁殖は旺盛と思えるのですが、
それら外来種に比べ唯一国産のシャジクソウは奥ゆかしいのですかね、
現在の生育地からなかなか外に進出しないようです。
写真の花は和田峠のものです。

2013.07.15 5DMkⅡAMP120+NAM-1 EOS改
c0158511_20542941.jpg


# by paph1206 | 2013-07-19 20:56 | | Trackback | Comments(2)
2013年 07月 14日

マタタビ

マタタビの花ですが、雄蕊だけしか見えないので雄花(雄株)と云うことになります。
ですから、この木には実が生りません。
マタタビの蔓木自体はどこでも見かけるありふれた植物ですが、
いざ花の写真をとなると、これは出会いのタイミング次第。
純白の清楚な姿・・・久しぶりに撮らさせて頂きました。

2013.07.14 5DMkⅡ AMP120+NAM-1EOS改
c0158511_19415729.jpg


# by paph1206 | 2013-07-14 19:57 | | Trackback | Comments(0)
2013年 07月 08日

ウメガサソウ

イチヤクソウ科のウメガサソウです。
花のピークは過ぎていて、こんな写真を載せたくはなかったのですが、
ここのところ外に出かけていないのでこれ以外に何もないのです。
古い写真と言うことも含めて、ごめんなさいです。
シャッタースピード 1/5sec、絞りf8、 暗い林内での撮影です。

2013.06.16 5DMkⅡ AMP120+NAM-1 EOS改
c0158511_2123222.jpg


# by paph1206 | 2013-07-08 21:15 | | Trackback | Comments(0)
2013年 07月 03日

ヒトツボクロ

ラン科のヒトツボクロです。
何で”ヒトツボクロ”なのか色々詮索してみても
当てはまりそうな理由が見つかりません。
それはさておき、この花に出会ったのは実に?十年ぶりかです。
まさかこんな近くに生えているなんて夢にも思わず、
ずっと夢見ていた花でした。
今年の衝撃の出会い、トップクラスです。
K.Tさんに感謝、感謝です。

2013.06.16 5DMkⅡ AMP120+NAM-1 EOS改
c0158511_2032253.jpg



c0158511_2033526.jpg


# by paph1206 | 2013-07-03 20:35 | | Trackback | Comments(0)
2013年 06月 29日

クリンソウ

暗い森の入り口で門番を司るクリンソウです。

2013.06.16 5DMkⅡ AMP120+NAM-1 EOS改
c0158511_12514377.jpg


# by paph1206 | 2013-06-29 12:52 | | Trackback | Comments(0)
2013年 06月 26日

エゾサカネラン

ラン科の腐生植物エゾサカネラン、同じ場所には咲かないんだそうです。
環境省のレッドデータブックで絶滅危惧種に指定されている大変貴重な植物です。
今年は3個体を見ることが出来ました。
写真ではまだ咲き始めで、開花が進むと同時に草丈もどんどん大きくなります。

2013.06.16 5DMkⅡ AMP120+NAM-1EOS改
c0158511_20514737.jpg



c0158511_20523117.jpg


# by paph1206 | 2013-06-26 20:53 | | Trackback | Comments(0)
2013年 06月 26日

エゾサカネラン

ラン科の腐生植物エゾサカネラン、同じ場所には咲かないんだそうです。
環境省のレッドデータブックで絶滅危惧種に指定されている大変貴重な植物です。
今年は3個体を見ることが出来ました。
写真ではまだ咲き始めで、開花が進むと同時に草丈もどんどん大きくなります。

2013.06.16 5DMkⅡ AMP120+NAM-1EOS改
c0158511_20514737.jpg



c0158511_20523117.jpg


# by paph1206 | 2013-06-26 20:53 | | Trackback | Comments(0)
2013年 06月 23日

カモメラン

八ヶ岳山麓の奥深く、暗い森の中に咲くカモメランです。
何回撮ってもこのポーズ・・・苦労の割には進歩しませんね。
ところで、この場所で、
長野県希少野生動植物保護監視員の K・T さんにお会いしました。
この方は私なんぞとは次元の違う植物の知識をお持ちの方で、色々と貴重な
お話を伺うことが出来ました。この場をお借りし、改めて御礼を申し上げます。

2013.06.16 5DMkⅡ AMP120+NAM-1 EOS改
c0158511_1917290.jpg



c0158511_19362014.jpg

この花の存在も教えて頂きました。
暗い場所だったので、肉眼で見たときはは殆ど白花かと思ったのですが、
さすがにカメラは真実を捉えています。
この付近には同様な色彩のものが数固体ありましたので、遺伝形質は備えていると思います。

# by paph1206 | 2013-06-23 19:47 | | Trackback | Comments(0)
2013年 06月 16日

キバナノコマノツメ

八ヶ岳山麓に咲くキバナノコマノツメです。
唇弁が丸まっているのが残念なところ。
また、構図的に花の位置が左に偏っていますが、
これは"駒の爪"を入れたかったからです。

今週から暫くの間、投稿が撮影日よりかなり遅れることとなりますが
御勘弁を。

2013.06.08 5DMkⅡ AMP120+NAM-1EOS改
c0158511_1633132.jpg


# by paph1206 | 2013-06-16 16:37 | | Trackback | Comments(0)
2013年 06月 09日

キヨサトコザクラ

葉の欠刻の浅さから見て私的にはコイワザクラかと思うのですが、
先人の先生方の調査記録だとクモイコザクラとなっているのです。
でも、以前見たクモイコザクラは葉の切れ込みが非常に深く印象が全く違うし、
かといってコイワザクラの葉の質感とも違うような気がして・・・悩みます・・・。
てなわけで、無責任にも産地に合わせてキヨサトコザクラとしようかな。
これが案外正解だったりして・・・。

2013.06.08 5DMkⅡ AMP120+NAM-1EOS改
c0158511_17343328.jpg


# by paph1206 | 2013-06-09 17:48 | | Trackback | Comments(0)
2013年 06月 02日

ミヤマスミレ

ミヤマスミレです。久しぶりに撮ってみました。
このスミレは発色にいつも悩みます。
もう少し赤みがあったような気がしないではないのですが、
何も足さず、何も引かず、そのままの画像です。

2013.5.25 5DMkⅡAMP120+NAM-1EOS改
c0158511_1982034.jpg


# by paph1206 | 2013-06-02 19:09 | | Trackback | Comments(0)
2013年 05月 25日

森の妖精・・・ホテイラン

八ヶ岳山麓の森の中に咲くホテイランです。
ふかふかとした厚い苔の上に二人並んで寝そべって、
微かに揺らぐ妖精の姿を、何も言わずじっと眺めていたい・・・なんて・・・

2013.05.25 5DMkⅡ AMP120+NAM-1 EOS改
c0158511_2116758.jpg



c0158511_21165410.jpg

c0158511_21172049.jpg


# by paph1206 | 2013-05-25 21:19 | | Trackback | Comments(0)
2013年 05月 18日

シナノコザクラ

別名"カマナシコザクラ"・・・この名の方が小さい頃から馴染んでます。
今日は初めて南アスーパー林道のバスの力を借りて自生地を訪れてみました。

2013.05.18 5DMKⅡ EF70-200x1.4
c0158511_2140331.jpg



c0158511_21412535.jpg

AMP120+NAM-1EOS改
c0158511_21522227.jpg

c0158511_2141537.jpg


# by paph1206 | 2013-05-18 21:57 | | Trackback | Comments(4)
2013年 05月 12日

ヒトリシズカ

MONO- の世界・・・

2013.05.03 EOS5DMkⅡ EF70-200 x1.4
c0158511_20565998.jpg


# by paph1206 | 2013-05-12 21:04 | | Trackback | Comments(0)
2013年 04月 28日

そよ風の誘惑

春の風に誘われるまま北信濃を訪れました。
花達といえば、正直沢山ではなかったし、
自慢できるような写真も撮れなかったけれど、
オリビアを聞きながら・・・、少しだけ憂鬱から開放された
春の日のドライブでした。

2013.04.28 5DMkⅡ EF70-200 x1.4
キクザキイチゲ
c0158511_20381165.jpg



ミズバショウ
c0158511_2039570.jpg

白馬村にて
c0158511_2040282.jpg


# by paph1206 | 2013-04-28 20:43 | | Trackback | Comments(2)
2013年 04月 21日

今春が来て、君はきれいになった・・・

雪の中のこの姿を見て、初めて名前を調べてみようという気になりました。
スキラ シベリカ(Scilla siberica Haw.)と言うそうです。
シベリア産、どうりで寒さに強いわけだ。
(本来はきちんときれいに全開しますよ。ただ今日は雪の下なので・・・)

2013.04.21 E-5 AMER100
スキラ シベリカ
c0158511_17394677.jpg



イカリソウ
c0158511_17404368.jpg

ミツバアケビ
c0158511_17411989.jpg


# by paph1206 | 2013-04-21 17:48 | | Trackback | Comments(0)
2013年 04月 11日

プレゼント

勤めがなければじっくりと被写体探しが出来るのに・・・・・と、
寝ぼけ眼を擦りながら、
普段にも増して性急にシャッターを押し続けた気がします。
信州ならではの風情・・・、白で薄められた色合いが何とも好き。

2013.04.11 EOS5DMkⅡ EF70-200
ヒガンザクラ
c0158511_1948292.jpg



ハナノキ
c0158511_1950844.jpg

ミツマタ
c0158511_19504868.jpg

スモモ
c0158511_19512448.jpg

ヒュウガミズキ
c0158511_1952184.jpg

ウメ
c0158511_19523345.jpg


# by paph1206 | 2013-04-11 19:59 | | Trackback | Comments(0)
2013年 03月 30日

セツブンソウ

代表的なスプリング・エフェメラル(Spring ephemeral)、セツブンソウです。
2年ぶりに生育地を訪ねてみましたが、予想したとおり出遅れました。
他のどこを探しても立派な花はなく、多分この花が最後でしょうね。

2013.03.30 5DMkⅡ EF100 F2.8L IS Macro
c0158511_19334135.jpg


一茎二花の個体を見つけました。初めてです。
奇形でしょうね。
c0158511_19365993.jpg


# by paph1206 | 2013-03-30 19:38 | | Trackback | Comments(0)
2013年 03月 20日

アズマイチゲ

裏庭に咲き始めたアズマイチゲ。正確には オクノアズマイチゲ かと思います。
その違いは、後者の茎葉が有毛であるとのことのようですが、写真で見る限りでは
葉の毛は全く見れません。で、同定できないまま何年ももやもやしているわけです。

この花、過去最速で開花しました。なんか狂っていますよね。

2013.03.20 5DMkⅡ EF70-200 x1.4
c0158511_22212643.jpg


# by paph1206 | 2013-03-20 22:26 | | Trackback | Comments(0)