きまぐれ花旅

yatsugane.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:その他 ( 5 ) タグの人気記事


2010年 05月 02日

御柱 上社里引き初日

諏訪大社 上社 御柱祭 里引き初日。

2010.05.02 E-P2 LDVE14-150
c0158511_2036291.jpg



c0158511_2037869.jpg

c0158511_20373394.jpg

c0158511_2038299.jpg


by paph1206 | 2010-05-02 20:40 | 祭り・行事 | Trackback | Comments(0)
2009年 06月 24日

閑話休題・・・ちょっとよそ見

此処のところ行事続きで野山への出動が困難な状況。
その行事の先で遭遇した”花”ならぬ”華”のある風景です。
かといって”花”と全く無縁では有りません。
ここ蓼科高原に英国からはるばる訪れた彼女達の
行き先は「バラクラ イングリッシュガーデン」だからです。

英国淑女に用意されたMECJのクラシックカーが10台。
ガーデンへの雨中の行進が今スタートです。

c0158511_19534495.jpg



c0158511_1954217.jpg
c0158511_19544224.jpg


by paph1206 | 2009-06-24 20:06 | Trackback | Comments(0)
2008年 11月 16日

大井川鉄道・C11 227

職場に関係した親睦旅行で、大井川鉄道・SLの旅に出掛けてきました。
本当のところ、撮影スポットで可愛らしい雄姿?を狙いたいところなのですが、
なにせ引率役の身の上、集団から離れるわけには行きません。
それでも、子供の頃の蒸気機関車にまつわる思い出や、若かりし頃に
SLかぶれしてあちらこちら写真を撮りに出掛けたことなどが思い出され、
結構嬉しい旅ではありました。

なかでも一番楽しかったのは、サービス精神旺盛の専務車掌の佐藤あけみさん。
彼女のハーモニカの演奏に合わせ、「高原列車は行く」を大合唱しました。
帰宅してからインターネットで調べたら、やはり有名人でしたね。
あの物怖じしない明るい性格の、ほんの一部でも分けて欲しいものです。

動輪 (2008.11.14 静岡県新金谷駅 PowerShot G9)
c0158511_2120456.jpg



C11 227の入線 (DATA 同上)・・・・手ブレ
c0158511_21215345.jpg

駅構内 (DATA 同上)・・・ピンボケ
c0158511_21232159.jpg

追加しました。専務車掌の佐藤あけみさんです。
c0158511_237108.jpg


by paph1206 | 2008-11-16 21:28 | 風景 | Trackback | Comments(0)
2008年 10月 05日

福山雅治 vs 謎の井戸

フジTVの朝の番組「めざましテレビ:日本全国の”その謎を愛そう。“福山雅治のココ調スペシャル」で福山雅治が選んだ謎の一位は、大鹿村の塩水の出る井戸。

分杭峠の”ゼロ磁場”で「気」を頂いた勢いで峠を下り、わくわくしながら見物にはせ参じました。

この井戸、旅館「塩湯荘」の玄関の少し奥のところにあります。人懐こいワンちゃんが大喜びでお出迎えです。
旅館の女将が手押しポンプの上部から呼び水を入れ、ギイコギイコと漕ぐと勢いよく塩水がほとばしり出ました。
掌に汲んでちょこっと舐めてみると、海水と同じ位の塩辛さですがまろやかな感触がしました。
以前にもこの地を訪れ塩の存在は既知のことでしたが、こうして実際に体験してみると、またもや大自然の不思議に触れた思いがしたものです。

なんせ全国区になってしまったんですからね。これからぞくぞくと我々みたいな見物人が訪れるかと思うと、旅館にとっては喜ぶべきことなのかな・・・、と人ごとながら、なんか複雑な気分。
-迷惑だったかな-

塩水の出る井戸 (2008.10.4 大鹿村「塩湯荘」にて PowerShot G9)
c0158511_20271059.jpg



こんな萩の育て方は初めて
白萩 (DATA 同上)
c0158511_20302748.jpg


シュウメイギク (DATA 同上)
c0158511_2032753.jpg


ヤマシャクヤクの実 (DATA 同上)
c0158511_20325031.jpg


by paph1206 | 2008-10-05 20:45 | Trackback | Comments(0)
2007年 12月 24日

杉玉

花の写真から一寸離れて

c0158511_15432653.jpg

「酒どころ信州にあって、蓼科山麓随一の酒蔵として
多くのファンを引き付けてきた銘酒ダイヤ菊
巨匠小津安二郎監督もこよなく愛したこの地酒・・・」

小津安二郎監督がこの酒を愛飲していたことは
地元でも良く知られています。

金具だけでも30万円掛かったとおっしゃる
社長自慢の門の前で「杉玉」を写しました。
「酒琳(さかばやし)」とも云うそうです。

社長が好きだという位置とは違う場所からの撮影でした。
(社長、ゴメンナサイ)

無理なお願いを引き受けて頂いたので、お礼として
ささやかなコマーシャルです。

by paph1206 | 2007-12-24 16:04 | 風景 | Trackback | Comments(0)